♪HPはこちらです♪

2009年06月30日

梅雨の時期って・・・

このごろ雨が降ったりやんだりの、ぐずついたお天気ですね。

このじめっとした空気に、体もしんどくなってきちゃいますふらふら

ワンちゃんたちは、雨のせいでお散歩がいけなかったりして

走りたくてウズウズしているんじゃないのかな??

ようちえんのワンちゃんたちは、今日も元気に走り回っていました。

楽しくお勉強した通園生は・・・??



続きへGO!(ここをクリック♪)

ニックネーム Horie@Animal Plaza at 19:49| Comment(0) | ♪犬のようちえん♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イアン・ダンバー博士のセミナー

先週の土曜日、神戸にて、日本ペットドッグトレーナー協会による

ペットドッグトレーニングセミナーに参加してきました。


講師は、今回が最後の来日になるという

イアン・ダンバー博士です。


参加した神戸セミナーの内容は

「若年期の行動、気質、トレーニングの問題 予防と修正」について。

その内容について、少しお伝えします。




子犬の頃、フードやオヤツやオモチャを使いながら

楽しく簡単に、面白いようにいろんなトレーニングができたのに

子犬が若年期に突入すると、

それを境にびっくりするほどうまくいかなくなる。

あんなに喜んでたフードに興味を示さなくなる。


子犬の頃は、飼い主だけが自分の全て。

でも成長によって、飼い主以外のいろんなものへの好奇心が高まる。

食べ物や飼い主よりも、ニオイ、犬、いろんなものに興味が行く。


そして、飼い主が犬をコントロールできなくなり

問題行動が大きくなり、深刻化していく。



若年期、成年期の主な問題行動として

飛びつきなどの興奮症、吠え、リードの引っ張りなどがあります。


上手くコントロールできない飼い主さん。

上手くコミュニケーションが取れない飼い主さんと犬。


どうしてそうなってしまったのか。

どうすればいいのか。




子犬の頃は、多くの飼い主さんが無意識にたくさん犬をほめてます。

優しい笑顔で、優しい口調で、フードのあげ方だって愛情たっぷりで。

そうして子犬の良い行動がどんどん育っていきます。


でも、日が経つにつれて、

犬の良い行動を、飼い主さんは当たり前のように思うようになり

犬をほめなくなり、犬にあまり注意を向けなくなります。


そして若年期に犬の行動が乱れてくると、

飼い主さんは犬に対してイライラが増え、

ほめることよりも、叱るばかりになりがちです。

痛みや恐怖の罰を与える接し方ばかりになりがちです。


それで問題行動が改善するわけではなく、ますます悪化して

人と犬の関係性も悪化して、ますます事態は深刻化。

フードやオヤツのルアーは効かない。


どうするか。




一番大事なことは、予防です。

そうならないように、

子犬のうちからしっかりとしつけとトレーニングをする。

そして、それを継続する。それが大事です。



子犬の良い行動は、その後もずっと出来て当たり前ではありません。

ずっと安定してし続けられるように、

望ましい行動には報酬を与えて、

その行動を育て続ける必要があります。

それをし続けないと、

別の望まない行動が現れるようになってしまいます。



犬を誘導して行動させるフードやオヤツやオモチャのルアーは

トレーニングの早い段階で無くしていくことも大事です。



そして、それでもぶち当たる若年期や成年期のトレーニングの壁。

犬の注意を取り戻すために、

新しいトレーニングテクニックが必要になります。



ダンバー博士曰く、

問題行動に合図をつけて、問題行動をコントロールして

問題行動をさせることをごほうびに使うことで、

望む行動をさせて強化する。

というものです。



人にとっての犬の問題行動は

犬にとっては

「したくて仕方のない、楽しい大好きな行動」だったりします。


してほしい行動をした後に、嬉しい思いをさせて、その行動を育てる、

それが行動学の原理です。


でも、犬を嬉しくさせるものは、

食べ物やオモチャである必要はありません。

「犬がしたい行動」も有効なごほうびです。


したいことをしたいようにさせるのではなく

コマンドをつけて、人が良しと思えるアレンジや工夫で

大はしゃぎ大興奮すること、飛びつくこと、吠えること、引っ張ることを

人の望むタイミングで上手くさせることができれば

人も犬もイライラストレスの日々から解放されるかもしれません。


吠えることを合図でさせられるようになれば

吠えさせないでいることも可能です。


「吠え」ではない「人が犬に望む行動」をさせ

そのごほうびに

「犬がしたい行動」の「吠え」を合図でさせてあげたりする。



人が犬にしてほしいと思う行動

犬がしたいと思う行動


人が犬にさせてあげたいと思う行動

犬が人のためにしたいと思う行動


お互いの望みを叶えてあげる。

お互いの心に寄り添い合いながら。






そんな風なふたりでいられるといいですね。




ニックネーム Horie@Animal Plaza at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

体の傷と心の傷

犬同士で過ごす時間の中で

楽しく遊んでても、何かの拍子にエキサイトしたり

興奮スイッチや怒りスイッチが入ったり

ケンカになったりトラブルになったりすることがあります。


犬同士の間で、ふいに何かが起こっても不思議ではありません。

犬は私たち人間よりもずっと野生に近い動物ですし

歯や爪という武器を、いつでも使える生き物です。


犬同士のケンカやトラブルで、ケガをすることもあります。

ケンカじゃなくても、楽しい遊びの最中でも

歯や爪で、切り傷や引っかき傷を作ることもあります。


でも、ケガをすることを恐れるあまり

犬同士のふれ合いの機会を避け続ける生活をすると

ますます犬と上手に過ごすことができないワンコに育ちます。


犬同士のふれ合いの機会をたくさん持つことのできるワンコは

相手の感情や状態を読み取ることもできるし

争う気はないと意思表示して相手をかわしたり

その場の空気を和らげてトラブルを回避することができます。


自分も大怪我しない、相手にも大怪我させない

そんなワンコに成長することができます。


時には犬同士でヒートアップしてケンカになったり

上位の犬のご指導が行き過ぎになったりすることもあるけど


でも、犬同士の時間をたくさん過ごして

犬同士の良い過ごし方を人からも教わってるワンコは

ちゃんと手加減できるし、噛みの抑制ができます。


傷つくことを恐れるなら

家から一歩も出ない生活をすることになる。

でもそれじゃあ前に進めない。


ケンカがあるから仲直りの仕方を学べる。

トラブルを経験するから、トラブル回避の対処法を身につけることができる。


いろんなことにぶつかって、

体と心にいろんな傷を作っては治し、作っては治ししながら

体も心もどんどん強く成長してほしい。


していきたい。





今日、ようちえんでワンコ同士のトラブルがありました。


トラブっちゃったのは、、、
続きを読む
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ワンコ同士のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

第1回家庭の獣医学セミナー開催!!

今日は、犬のようちえん堀江教室で、イベントがありました。


家庭の獣医学セミナーですイベント

第1回目のメインは、
『しっかり正しく健康チェック★元気に夏を乗り切ろう!』


講師としてきてくださったのは、

アニマルサポートオフィス ミーチョ
ペットケアアドバイザー・動物看護師の

阿部 令子先生です。


私の専門学校時代の、恩師でもあります黒ハート


セミナー0628.JPG





今回のセミナーは、、、


家族の一員である大切なワンコの健康を

誰よりも理解し、守ってあげられるのは、

一緒に暮らしている、飼い主様です。



いち早く異常に気付いてあげるために、

まずは飼い主様が、ワンコの健康状態を管理してあげ、

どんなところを、どんな風にチェックするかを、

とってもわかりやすく、楽しく教えていただきました。




ちょっぴり紹介しますね★

続きへGO!(ここをクリック♪)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪犬のようちえん♪イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

暑さに負けるな★

今日も一日暑かったですね☆

ようちえんの子たちは今日も元気いっぱいぴかぴか(新しい)





公園で走ったりグッド(上向き矢印)



チャイ散歩.JPG






少し休憩してお話したり黒ハート



夢々 コロラブ0627.JPG






フセ・マテで落ち着いたり。



モモラピ0627.JPG


みんなそれぞれお散歩を楽しんでいます黒ハート


ようちえんの中ではどんな楽しいトレーニングが待っているのかな?






続きへGO!(ここをクリック♪)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪犬のようちえん♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

横断歩道で走る犬

「うちの子、なぜか横断歩道を渡る時、必ず走るんです。

 なぜなんでしょう?」

とおっしゃる飼い主さんは多いです。



なぜワンコは横断歩道を走るのか?


それはきっと、飼い主さんが横断歩道を渡る時

小走りしちゃってることが多いから、かな。


信号が変わる前に渡ろう!

と、走ることがあったりすると


「このシマシマ模様のとこは、走るとこ!」

ってワンコが学習してるかもね。



なぜワンコがそうするのか、を考える時

「その時、私はどうしてたか」を考えてみるといいですよ。





青だよ、桃ちゃん。

桃横断歩道626.JPG

渡るぞ〜★






さて、


今日のようちえん生ワンコたちは、、、



続きへGO!(ここをクリック♪)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩のしつけのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

頭を撫でられるのが恐怖?

私たちは、赤ちゃんとか子供とか、ワンコとか

愛おしい存在に対して

頭を撫でて愛情を伝えたいという思いがあります。


東南アジアなどで、

「子供の頭を撫でたり触ったりしてはいけない」

という国もありますが


でも、私たちには撫でる習慣があったり

撫でたいという思いがあったりします。


どうして頭を撫でたいと思うのでしょう。

この思いは何なんでしょうね。


「えらいね〜。」

「イイコだね〜。」

「可愛いね〜。」って


その愛おしい顔や頭に

優しく触れたり


愛情込めて

なでなでなで〜って、、、

したくなっちゃうんだよね〜。。。



でも、

愛おしいワンコの背中や頭をなでなでして

ほめてあげたり、愛情を伝えてあげたいと思うのに


撫でようと手を伸ばした時に

手を怖がって逃げるとか

手を怖がって噛もうとするとか

そんなワンコが多くいる。

それは寂しい悲しいことですよね。


頭を撫でられることを、元々喜ばないワンコもいます。

それは仕方のないことだったりします。

ワンコが嫌がらない接し方を心がけることも必要です。


(よそのワンコにいきなり頭を撫でようとしたら

 それは普通イヤがります。やめてあげてね。)


でも、それよりもホントに悲しいのが

頭を叩かれて叱られて育てられたワンコです。


手で叩かれて叱られ続けたワンコの心には

手に対するとんでもない恐怖のイメージが

焼きついてしまってます。

心の傷となって、今でもワンコの心を痛めてます。


手は、自分に痛い思いや怖い思いをさせるものではなく

温かい愛情を伝えてくれるものです。


心をほっこりさせて

幸せな気持ちにさせてくれる

大好きなものです。


アドニスなで625.JPG


そんな風に、手を大好きになってくれるワンコに育ててあげてください。

あなたの手を、嬉しい気持ちで受け止める

そんなワンコに育ててあげてください。


ここなで625.JPG


優しく撫でる、撫でられる。

そうして愛情を交し合うことのできる

幸せな人とワンコになってください。



もこなで625.JPG

ん!?



このワンコはもしかして、、、!?


続きへGO!(ここをクリック♪)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ワンコと人のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

自然のままには生きられない

お家のワンコに、去勢手術や避妊手術をするか否か。



飼い主さんによって考えは様々だと思います。


「自然のままでいさせたいから、手術はしたくない」

というお考えも耳にしたりします。

わからなくはありません。


でも、

犬が犬らしく生きるって、どういうことでしょうか。



自然のままいさせたい。

だけど、

好き勝手に外出して、街中や野山を歩きまわることができるわけはなく

好きな場所に好きなように排泄できるわけでもなく

どこにでもマーキングしてOK!なんてわけもなく


人や犬に対して、吠えたり、唸ったり、噛みついたり、

メス犬を追いかけたり、

オス犬同士でメス犬の奪い合いの交戦の日々!?

そんな自由気ままな暮らしができるわけもなく


自然のまま、犬らしく、オスらしく生きることを

させてあげられるわけではない、家庭犬たちです。


去勢手術はしない。

オスの本能はそのまま持っとけ。

でも、トイレの失敗もマーキングもするな。

オス犬同士のケンカもいがみ合いもするな。

ヒートのニオイプンプンさせたメス犬と出会っても興奮するな。

吠えることも唸ることもイライラすることも一切せずに

落ち着いて穏やかに日々を過ごせ。


・・・そんな無理難題な要求を犬に突きつけるよりも

去勢手術してあげた方が、犬に対してずっと優しい。

私はそう思います。



犬らしく、オスらしく生きることよりも

飼い主さんと、気持ち穏やかに、ストレス少なく

元気に長く、楽しく過ごすことが

犬にとって一番、幸せな日々なのではないでしょうか。


不妊手術をしてあげることによって

男の子も、女の子も

性ホルモンによる様々なストレスや問題行動から

解放してあげることができたりします。


不妊手術によって病気を防ぐことができたり

元気に長生きさせてあげられる可能性が高まったりもします。


若いうちの不妊手術はリスク少なくできるけど

年取ってからの腫瘍やガンの手術はリスクが高く、体のダメージが大きく

「もう手術は無理」ということになったりもします。


「若いうちに不妊手術をしてあげてたら、この病気は防げたのに、、、」

そんな後悔をすることになるのは、ほんとに辛いことです。


ワンコのために

あなたとワンコの楽しい幸せな日々のために

ぜひ、去勢手術、避妊手術をしてあげてください。





さて、


今日の可愛いようちえん生ワンコたちは、、、


続きへGO!(ここをクリック!)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

☆体験入園☆

『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』では

体験入園を行っております。


お家でのお困り事は基本的にはお家で解決するのが一番ですが、

飼い主様から離れて学習できる事もたくさんあります。




例えば、お仕事が忙しくて夜にしかお散歩に行けない子は

公園で遊んでいる子供たちや、たくさんの自転車・車など

様々な刺激と触れ合う経験が少ないのです。



ようちえんでは飼い主様の代わりに

人間社会の様々な物事に慣らせてあげる事で

ストレスに強い心を作らせてあげられます。



「ようちえんってどんな所?」「どんな事をするの?」と

思っていらっしゃる飼い主様。


ぜひ一度、お問合せ下さいね電話




今日も体験入園に来てくれたお友だちが・・・

どんな子かな??


続きを読む
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪犬のようちえん♪体験入園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

宝探しするみたいに

いつも『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』の

ブログを見に来てくださって

ありがとうございます。



「人気記事ランキング」というものがあるのね、と

通園生ワンコの飼い主さんのブログで知りまして

試しに貼っ付けてみました。


画面の左に、アクセス数の多い過去記事が

ベスト10、紹介されております。




いいんだけど、

でも、スタートしたその日以降の記事しか

カウントしてくんないのね。


もっと以前の記事の中にも

「ぜひ読んでほしいな〜。」なんて思ったりする記事も

たくさんあったりします。


今、通ってくれてる可愛い通園生ワンコたちの

子犬ちゃんの頃の可愛い様子とか

感動的な成長の様子とかも、見つけることができるかも。



お時間のある方は、ほんのりご興味のある方は

ぜひぜひ、過去の記事も開いてみてください。


もしかしたらあなたの心に触れることのできる記事が

あったりなんかするかも。


宝探しみたいに、探してみてね。




さて、


今日の可愛いワンコたちは、どんな様子かな?



続きへGO!(ここをクリック♪)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフのひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする