♪HPはこちらです♪

2008年05月17日

人の行動だって育てられます

ワンコの行動の後に、いい思いをさせたり、させなかったりすることで、ワンコの行動を育てたり、なくしたりすることができます。

それって、ワンコだけじゃないですよね。

もちろん、人と人との関わり合いの中でも、日々数え切れないくらい繰り広げられていることですよね。

ワンコの行動を、自分が望むように作り上げていくように、実は人の行動も、自分の望むように作り上げていくことができます。

人の行動を作り上げる!?

けしからん考え方ですか?

でも、私たちは意識的に、あるいはまったく無意識に、自分が望むように、または望んでいないように、人の行動を育てたりなくさせたりしながら、人との関わりをもっています。

じゃあ、ちょっと、意識してやってみましょうか。

(犬のしつけのブログなのに!? ・・・ま、いいよね。)



してほしいことをしてくれた→相手が喜ぶ反応を返す
してほしくないことをされた→相手が喜ばない反応を返す
              または、まったく反応を返さない。

例えば、、、

子供や夫に、「家事の手伝いをもっとしてほしい」と思うなら、、、
「たまには手伝いくらいしてよ!」と言って「わかったよ!うっさいなー!」とイヤイヤさせて、その後には「もっと丁寧にやってよね!」と文句を言う、、、

と、「家事を手伝う」という行動は育ちません。

気持ちよく自発的に家事の手伝いをする子(人)にしたいなら、気持ちよく家事を手伝える状況を作り、「ありがとう!助かったわー。」と、相手が気持ちよくなるような反応を返すことです。

たとえ「もう!こんなぐちゃぐちゃにされたら、かえって二度手間だわ!」という状況でも文句を言わないこと。

まずは、気持ちよく積極的に家事を手伝う意識と習慣を作り、その後で、その次の段階として、もっと上手にこなせるように育てていけばいいわけです。



また、例えば、、、

文句やグチばかり言ってる妻に手を焼いているとしたら、、、

妻の文句に対して「そんな事言うけど、おまえだって、、」などど反論すると、かえって火に油。興奮をあおってしまうことになり、「なによ!あなたこそ!」と、ますますヒートアップさせてしまいます。

言い合いをしたいんです。
「何か言ってよ!聞いてるの!?」と反応を求めているわけです。
反論すると、望みのごほうびを与えていることになるわけです。

「文句を言う」という行動をなくしたいのなら、してほしくない行動に対しては、反応を返さない。

無反応です。

「聞いてるの!?」と怒りのジャブを繰り出されても、「うん」「そうだね」くらいの最小限の反応しか返さない。

そして逆に、文句を言っていない穏やかな状態の時に、たくさん反応を返します。妻の喜ぶ会話を投げかけたり、喜ぶ時間の過ごし方を提供したり。

「穏やかでいる」という行動や精神状態を、育てていくわけです。

どうですか?
楽しくないですか?

電話やメールをくれない彼氏や友達に、「なんで連絡くれへんのよ!?」と、相手が嫌がるやりとりを投げかけるよりも、連絡して来てくれた時に、相手が喜ぶやりとりを返して、「連絡した」という行動の後に「いいことがあった」を繰り返して「連絡する」という行動を強化していくわけです。

「相手が喜ぶ反応を返す」というのがポイントです。

素直に心を開いて喜ばれる場合もあるでしょうし、ぶっきらぼうにへそ曲がり的な物の言い方を「可愛いヤツ」と好感持つ人もいるでしょう。

相手を喜ばせたくなんかない、というのであれば、喜ぶ反応を返さないことで、自然に縁は切れていくでしょう。

でも、関わらないわけにはいかない相手もいますよね。
例えば会社の上司とか。
そんな相手とも、自分にとってしてほしくない行動を減らさせて、好ましい行動を増やしていって、その人との関わりのストレスを少しでも軽減していきましょう。

例えば、、、オヤジギャグがウザイ上司のオヤジギャグを言わなくさせるには、、、

オヤジギャグに対しては反応を返さない。
でも、オヤジギャグを言っていない時には反応を返す。ちゃんと会話する。

礼儀知らずで常識のない会社の後輩や部下の、その態度を改めさせたいなら、、、

なってない言動に対して、必要以上に興奮したり感情的になって怒ったり説教したりしない。
して欲しくない行動に対して、「何よあの人、ウザっ!」と思いたい本人にとって、まさにその機会となるごほうびを与えたことになり、「なってない言動」はますます強化されます。

感情的になってそんな接し方をしても、なにも良いようには転がりません。


きちんとした態度や言葉使いができるように育てたいのなら、ほんの少しでもマシな言動の時に、相手が喜ぶ反応を返すことです。

いわゆる「ほめて育てる」ということです。

難しいけど、きっと楽しいですよ。





・・・ふぅ〜。

ずいぶん長くなりました。
読んでくださって、ありがとうございます。

ワンコとの関わり合いだけでなく、人との関わり合いも、なんとか上手にストレス少なく、楽しくできればいいですよね。

いろんな場面でのラクで楽しい自分になるために、よかったらご参考にしてください。

(犬のようちえんのブログなのに・・・)





*** *** *** *** *** ***




さて、今日のようちえんですが、昨日とはうって変わって頭数も少なく、穏やかで平和な一日・・・。

と、思いきや、ガチャガチャバタバタの元気のカタマリのシャルルくんが、ひとりで嵐を巻き起こしてました。






517 001あい.jpg
走る走る!






先輩ワンコ全員にあいさつしにいくのはいいんだけど、ガチャガチャあいさつっぷりに怒られてばかり。
517 009あい.jpg
でも、まったく懲りない天真爛漫なシャルルくん。





フセたり、おなかを向けたり、低い姿勢になって上手にあいさつしたり誘ったりできたら、相手も優しくあいさつしてくれたり遊んでくれたりします。
517 021あい.jpg




「うりゃーーー!」って、、、
517 020あい.jpg
そういうことをするから怒られるのよ。





517 019あい.jpg
・・・なにをしてるんだ、キミは・・・。





先輩たちから上手なあいさつの仕方や遊び方をしっかり教わって、楽しくみんなと遊べるようになってね。
517 018あい.jpg





マナーのなってないガチャガチャシャルルくんとは遊びたがらないけど、幼なじみで大の仲良しの夢々ちゃんとももたろうくんは、今日も楽しくたっぷりと遊んでました。
517 003あい.jpg
「ワンコ遊びとは、こうするものだよ、シャルルくん。」





通園生ワンコの桃ちゃん&舞ちゃんから、素敵なワンコベッドをいただきました。
せっかく買ったんだけど、大きすぎたんだって。

ありがたくみんなで楽しみました。
517 004あい.jpg





「気持ちいいわあ〜。」「くつろげるわあ〜。」
517 016あい.jpg
特に夢々ちゃんがお気に召したようです。





でも、シャルルくんを投入すると・・・
517 013あい.jpg
「ひゃっほー!」




「うひゃひゃひゃー!」
517 012あい.jpg
「先生〜!シャルルくんがバタバタして落ち着けません〜!」





ほんっっとに元気&エネルギーがあり余ってるようなシャルルくん。

体を動かして運動させることも大事ですが、頭を使わせるトレーニングで頭を疲れさせることも大事です。

今日もたくさんトレーニングをしたシャルルくん。

オモチャを使っての遊び+トレーニングもがんばりました。




「オイデ」で呼んで、オスワリとかフセとかマテとか、がんばってから、そのごほうびとして「ヨシ!」でオモチャを投げてあげます。
517 014ラビ.jpg





上手に持ってきてくれるシャルルくん。
517 015ラビ.jpg
「上手に持ってきてくれたねー!ありがとう!」とたっぷりほめて、そしてフードと交換で「ちょうだい」で渡してもらいます。

「オモチャを持っていって渡したらいいんだな」とわかってきたら、フードをあげる頻度を落としていきましょう。

人と上手に楽しくオモチャ遊びができるようになると、人もワンコも楽しいもんね。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

FC2バナー.gif

人気ブログランキングバナー.gif

犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -

ブログランキングに参加しています。
よかったら1日1回、ポチっとお願いします。


ニックネーム Horie@Animal Plaza at 00:00| Comment(0) | スタッフのひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント