♪HPはこちらです♪

2009年12月13日

神戸アニマルケア国際会議「ペットの栄養学〜腸の健康」

「神戸アニマルケア国際会議2009」

本日の午後に参加したワークショップは

「ペットの栄養学〜腸の健康が体全体に及ぼす影響」をテーマに





「子犬のストレスに対する自然抗体の有効性について」

ネスレピュリナペットケア(株) シル・クライン氏


「胃腸器疾患における画像検査の意味」

iVEAT総合診断センター 宮林孝仁氏


「伴侶動物の肥満と健康障害」

日本獣医生命科学大学獣医学部 石岡克己氏


「糖尿病にならないために、そしてなったら」

日本獣医生命科学大学獣医学部 左向敏紀氏



の4つの講義に参加しました。







動物が生きていくには、食事はなくてはならないものです。

その動物にあった安全でバランスが取れたものを食べていれば

動物は健康に暮らしていけます。


でも、どんなに栄養学的に優れた食事を与えても

その栄養を吸収する腸が健康でない限り

その動物は、必要な栄養素を吸収することができず

健康を保つことはできません。


消化管は体内で最大の免疫器官。

免疫の70%は腸管に存在します。

腸管に問題があると、全身に影響します。


健康な体を維持するために、健康で強い腸を育てることが大事です。



そして、先進国で見られる最も一般的な栄養障害の「肥満」。

犬猫の約30%が肥満状態です。


犬にとって、肥満による害は山のようにあります。

糖尿病や心臓病、皮膚疾患や呼吸器疾患、運動器疾患や関節疾患

体温調節力も免疫力も低下して

あらゆる病気を招く万病の元です。


「どうせ短い命だから、好きなものを好きなだけ食べさせてあげたい」

と言う飼い主さんもいらっしゃいますが

肥満によって、その短い命はますます縮められます。

肥満がガンの発症率にも影響がある可能性もあるようです。


大事な愛犬を肥満にさせないことは

本当に本当に大切な必要なことなんだと

すべての飼い主さんにしっかり知っておいていただきたいです。


また、糖尿病の犬のうち

約60%が非避妊手術のメス犬で

約25%が非去勢手術のオス犬だそうです。

(不妊手術済みのオスメスは、6%、9%程度)


避妊手術や去勢手術をすることで

あらゆる病気を予防してあげることができます。



犬たちは自分で健康管理できません。

長生きするために自分で努力することはできません。

大事な愛犬の健康を守れるのは飼い主だけです。


今回、この2日間のワークショップに参加して

たくさんの有意義な学びがありました。


大切な犬たちのクオリティ・オブ・ライフのために

精一杯の努力をして、責任を果たしてあげたいと思います。


P1680569.JPG






P1680572.JPG






可愛いワンコのために、がんばってあげましょうね。


L8520539.JPG






にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ブログランキングに参加しています。
よかったら1日1回、ポチっとお願いします。

犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
こっちにもポチっとね。



♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜





♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜


『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』
★クリスマス・プレゼントキャンペーン★



12月末日までにご入園の飼い主様に
入園料10.000円オフのプレゼントキャンペーンです♪

可愛いワンコへのクリスマスプレゼントは
楽しい楽しいようちえんライフに決まり♪♪

この機会をお見逃しなく、ぜひご利用くださいませ。



まずはワンコと一緒に、ご見学&無料カウンセリングに
お越しくださいませ。

おうちでのお困りごと相談やしつけのアドバイスなど
お力になります♪



ご見学&無料カウンセリングのお申し込みは・・・

堀江教室フリーダイヤル0120-074-115へどうぞ。




♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜



『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』
♪クリスマス★ゲームパーティ♪



クリスマスがだんだん近づいてきますね♪

ようちえんの仲良しワンコたちと
楽しく遊びながら、楽しいゲームパーティを
今年もわくわく開催予定です★

ゲームの内容はまだ未定ですが
いろんな面白楽しいゲームを企画中です♪

今年も素敵な賞品ゲットを目指して
ぜひふるってご参加ください★



★日時:12月20日(日)14:00〜16:00

★参加費:お一組様¥4000

★参加対象:ようちえん生ワンコ&飼い主さま

★場所:大阪市住吉区長居東4-11-5
    室内ドッグラン『Wan Wan Wan』
http://www.wanx3.com/wanwanwan.html
*貸し切りです*

★ご予約&お問い合わせ
  堀江教室TEL・0120−074−115



定員になり次第、締め切らせていただきます。
どうぞお早めにお申し込みください




♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜



『アニマルプラザ 犬のようちえん堀江教室』

 *年末年始の営業のお知らせ*


12月27日(日)から、新年1月3日(日)まで

お休みとさせていただきます。

恐れ入りますが、よろしくお願い致します。




































ニックネーム Horie@Animal Plaza at 23:00| 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸アニマルケア国際会議「高齢犬のケア」

昨日に続いて本日も

「神戸アニマルケア国際会議2009」が開催されました。


今日私は、午前と午後、2つのテーマのワークショップに参加しました。

まずは「高齢犬のケア」です。




「高齢犬の痴呆について」

「高齢犬の関節疾患について」

共立製薬(株)・石川恵子氏


「高齢犬の眼科疾患・白内障について」

ファーブル動物病院 眼科獣医師・山下真氏


「高齢犬ケアにおける飼い主さんの対応策」

ドルチェカーネ・中塚圭子氏




現在、日本では、犬の半数が7歳以上の高齢犬だそうです。

老化に伴って変化していく犬の体や行動。

私たちはどう対処すればいいのか。


痴呆、関節疾患、白内障といった

高齢犬の代表的な病気の

その原因や症状、予防や治療についてのお話を伺いました。



共通して言えることは

日頃から犬の様子をよく観察して

変化や異常に早く気づいてあげること。

「年だから」で片づけてしまわないように。


高齢犬になると、体のあらゆる機能が低下して

様々な病気にかかりやすくなります。

そして、別の病気も併発しやすくなります。


関節疾患はもちろん、白内障にしても、痴呆症にしても

日頃からの観察と健康管理の大切さを

本当に強く感じました。


適度で適切な運動や、良い食事で

健康な強い体を育てておくこと。


特に気をつけたいのが、肥満にさせないこと。

肥満にさせないことが、あらゆる病気予防に不可欠です。


そして、健康な強い心と柔軟な脳を育てておくこと。

老犬になるまえの早い時期からの

老い支度のしつけとトレーニングが大切です。


マッサージやリハビリで体をいろいろ触られたり

包帯やバンテージやマナーパンツなどの体への装着刺激や

歯みがきや点眼などのグルーミングや投薬を

老いてから初めてするのは、慣れていない犬にとって大変です。


若い時から経験させて慣らしておけば

老いてからもできるようになります。


犬の老化現象は

足腰や目や耳、脳など

あちこちに現れてきますが

しつけの面にも現れてきます。


トイレや無駄吠えや咬みなど

若い頃に困っていた問題行動が再発したりします。


食べ物に対する執着が強くなったり

逆に食べなくなったりもします。


愛犬の様々な老化による変化。

飼い主には戸惑うことばかりです。


でも、そんな変化を進化として捉えて

健康の管理と維持をがんばってあげながら

愛犬と一緒に楽しみながら暮らせるといいですね。




『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』は

子犬の頃からのしつけの重要性をお伝えしながら

子犬のしつけと飼い主さんへのお手伝いをさせていただいてますが

ようちえん生ワンコたちが高齢犬になった頃

『犬のようちえん堀江教室・シニアクラス』として

かつての仲良しワンコたちがまた集まって一緒に過ごせたらいいな♪


ぜひ、そうしましょうね♪

みんな、元気スマイルシニアワンコを目指そうね★


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ブログランキングに参加しています。
よかったら1日1回、ポチっとお願いします。

犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
こっちにもポチっとね。



♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜





♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜


『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』
★クリスマス・プレゼントキャンペーン★



12月末日までにご入園の飼い主様に
入園料10.000円オフのプレゼントキャンペーンです♪

可愛いワンコへのクリスマスプレゼントは
楽しい楽しいようちえんライフに決まり♪♪

この機会をお見逃しなく、ぜひご利用くださいませ。



まずはワンコと一緒に、ご見学&無料カウンセリングに
お越しくださいませ。

おうちでのお困りごと相談やしつけのアドバイスなど
お力になります♪



ご見学&無料カウンセリングのお申し込みは・・・

堀江教室フリーダイヤル0120-074-115へどうぞ。




♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜



『アニマルプラザ犬のようちえん堀江教室』
♪クリスマス★ゲームパーティ♪



クリスマスがだんだん近づいてきますね♪

ようちえんの仲良しワンコたちと
楽しく遊びながら、楽しいゲームパーティを
今年もわくわく開催予定です★

ゲームの内容はまだ未定ですが
いろんな面白楽しいゲームを企画中です♪

今年も素敵な賞品ゲットを目指して
ぜひふるってご参加ください★



★日時:12月20日(日)14:00〜16:00

★参加費:お一組様¥4000

★参加対象:ようちえん生ワンコ&飼い主さま

★場所:大阪市住吉区長居東4-11-5
    室内ドッグラン『Wan Wan Wan』
http://www.wanx3.com/wanwanwan.html
*貸し切りです*

★ご予約&お問い合わせ
  堀江教室TEL・0120−074−115



定員になり次第、締め切らせていただきます。
どうぞお早めにお申し込みください




♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜♪♪〜



『アニマルプラザ 犬のようちえん堀江教室』

 *年末年始の営業のお知らせ*


12月27日(日)から、新年1月3日(日)まで

お休みとさせていただきます。

恐れ入りますが、よろしくお願い致します。



ニックネーム Horie@Animal Plaza at 22:08| 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

神戸アニマルケア国際会議2009「緊急災害時の危機管理」

本日土曜日、ようちえんではいつものように通園生ワンコたちが

元気いっぱい、楽しいようちえんタイムを過ごしていましたが

私はようちえんをお休みさせていただいて

今日と明日、2日間開催の

「神戸アニマルケア国際会議2009」に参加してきました。



NPO法人knotsが主催

兵庫県、神戸市、兵庫県獣医師会、神戸市獣医師会

日本動物福祉協会阪神支部、神戸市動物愛護協会で構成される

大震災動物救護メモリアル協議会が共催のこの会議。



「阪神・淡路大震災における動物救護について」

という基調講演から始まり

今日のワークショップTでは

「緊急災害時の危機管理」をテーマに

5名のアドバイザーによる講演と

パネルディスカッションが行われました。



レベッカ・ローデアス氏による

「ハリケーン・カトリーナ被災地における動物救援活動」


大震災動物救護メモリアル協議会会長、市田成勝氏による

「阪神・淡路大震災時の動物救護活動を振り返る」


(社)日本動物福祉協会 獣医師調査員、山口千津子氏による

「日本における過去20年余りに起こった

 緊急災害時の動物救援活動の変遷」


厚生労働省健康局結核感染症課、森田剛史氏による

「人と動物の共通感染症対策について」


(社)東京都獣医師会 危機管理室 佐藤克氏による

「災害時における人と動物の共通感染症等の問題」



大変興味深く、そして重要な課題として

各講演を拝聴させていただきました。




毎年どこかで、台風、地震、噴火等の自然災害に見舞われている日本。


飼い主は家族の一員のペットと一緒に避難したいと思っても

避難所で受け入れられなかったり、乗船拒否されたりし続けていました。


でも、未曾有の大災害、阪神大震災をきっかけに

「動物を助けることは、人を助けることにつながる」と

自治体・獣医師会・動物愛護団体・ボランティアが協力して

初めて組織としての動物救援本部を立ち上げ

動物の保護にあたりました。


以後、その形が受け継がれ、新たな緊急災害ごとに少しずつ進んできて

動物救援システムの立ち上げに、地方自治体も動き始めているようです。


いつ起こるか分からない緊急災害。

私たち以上にパニックやストレスに陥ってるかもしれない動物たち。

私たちはお互いに助け合うことができますが

飼い主に命を委ねているペットを救えるのは

私たち飼い主です。


もしもの時、大切なペットの命と心を救うために

ふだんからしっかりすべきことがたくさんあります。


避難所で犬自身がしんどくないように

トイレやハウスのしつけをしておくのも大事だし

慣れない環境でもちゃんと過ごせるよう社会化させることも必要です。


ボランティアなどの見知らぬ人からのお世話を

ストレスなく受けれるように

しっかり人の社会化をすることも大事です。

人慣れしていないとお世話してもらうことができません。


避妊手術や去勢手術も大事です。

不妊手術していない子は、犬同士のトラブルにもなるし

人に対しても気が立って、ボランティアが咬まれる事故が多いそうです。


狂犬病予防接種やワクチン接種もそうだし

良くない環境やストレスに負けない

強い体と心を育てておくことも大事。


もしもの時に、大事なペットと離れずに一緒にいたいのなら

大事なペットにしんどい思いや辛い思いをさせたくないのなら

国や自治体を頼る前に、飼い主自身が

ペットに対して果たすべき責任です。


それはペットのためでもあり、自分自身のためでもあります。

だって、ペットと一緒にいたいんだもの。

ずっと健康で長生きしてほしいんだもの。


がんばりましょう。

がんばってあげましょう。




「神戸アニマルケア国際会議2009」2日目の明日も

様々なワークショップが開かれます。


明日もしっかり参加してきます。






ニックネーム Horie@Animal Plaza at 23:00| 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

イアン・ダンバー博士のセミナー

先週の土曜日、神戸にて、日本ペットドッグトレーナー協会による

ペットドッグトレーニングセミナーに参加してきました。


講師は、今回が最後の来日になるという

イアン・ダンバー博士です。


参加した神戸セミナーの内容は

「若年期の行動、気質、トレーニングの問題 予防と修正」について。

その内容について、少しお伝えします。




子犬の頃、フードやオヤツやオモチャを使いながら

楽しく簡単に、面白いようにいろんなトレーニングができたのに

子犬が若年期に突入すると、

それを境にびっくりするほどうまくいかなくなる。

あんなに喜んでたフードに興味を示さなくなる。


子犬の頃は、飼い主だけが自分の全て。

でも成長によって、飼い主以外のいろんなものへの好奇心が高まる。

食べ物や飼い主よりも、ニオイ、犬、いろんなものに興味が行く。


そして、飼い主が犬をコントロールできなくなり

問題行動が大きくなり、深刻化していく。



若年期、成年期の主な問題行動として

飛びつきなどの興奮症、吠え、リードの引っ張りなどがあります。


上手くコントロールできない飼い主さん。

上手くコミュニケーションが取れない飼い主さんと犬。


どうしてそうなってしまったのか。

どうすればいいのか。




子犬の頃は、多くの飼い主さんが無意識にたくさん犬をほめてます。

優しい笑顔で、優しい口調で、フードのあげ方だって愛情たっぷりで。

そうして子犬の良い行動がどんどん育っていきます。


でも、日が経つにつれて、

犬の良い行動を、飼い主さんは当たり前のように思うようになり

犬をほめなくなり、犬にあまり注意を向けなくなります。


そして若年期に犬の行動が乱れてくると、

飼い主さんは犬に対してイライラが増え、

ほめることよりも、叱るばかりになりがちです。

痛みや恐怖の罰を与える接し方ばかりになりがちです。


それで問題行動が改善するわけではなく、ますます悪化して

人と犬の関係性も悪化して、ますます事態は深刻化。

フードやオヤツのルアーは効かない。


どうするか。




一番大事なことは、予防です。

そうならないように、

子犬のうちからしっかりとしつけとトレーニングをする。

そして、それを継続する。それが大事です。



子犬の良い行動は、その後もずっと出来て当たり前ではありません。

ずっと安定してし続けられるように、

望ましい行動には報酬を与えて、

その行動を育て続ける必要があります。

それをし続けないと、

別の望まない行動が現れるようになってしまいます。



犬を誘導して行動させるフードやオヤツやオモチャのルアーは

トレーニングの早い段階で無くしていくことも大事です。



そして、それでもぶち当たる若年期や成年期のトレーニングの壁。

犬の注意を取り戻すために、

新しいトレーニングテクニックが必要になります。



ダンバー博士曰く、

問題行動に合図をつけて、問題行動をコントロールして

問題行動をさせることをごほうびに使うことで、

望む行動をさせて強化する。

というものです。



人にとっての犬の問題行動は

犬にとっては

「したくて仕方のない、楽しい大好きな行動」だったりします。


してほしい行動をした後に、嬉しい思いをさせて、その行動を育てる、

それが行動学の原理です。


でも、犬を嬉しくさせるものは、

食べ物やオモチャである必要はありません。

「犬がしたい行動」も有効なごほうびです。


したいことをしたいようにさせるのではなく

コマンドをつけて、人が良しと思えるアレンジや工夫で

大はしゃぎ大興奮すること、飛びつくこと、吠えること、引っ張ることを

人の望むタイミングで上手くさせることができれば

人も犬もイライラストレスの日々から解放されるかもしれません。


吠えることを合図でさせられるようになれば

吠えさせないでいることも可能です。


「吠え」ではない「人が犬に望む行動」をさせ

そのごほうびに

「犬がしたい行動」の「吠え」を合図でさせてあげたりする。



人が犬にしてほしいと思う行動

犬がしたいと思う行動


人が犬にさせてあげたいと思う行動

犬が人のためにしたいと思う行動


お互いの望みを叶えてあげる。

お互いの心に寄り添い合いながら。






そんな風なふたりでいられるといいですね。




ニックネーム Horie@Animal Plaza at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

JAHA年次大会・市民講座に参加

人と動物の絆=ヒューマン・アニマル・ボンドを理念に

人と動物みんなが健康で幸せに生きられる共生社会を目指して

動物病院を核として地域への社会活動を推進する

『JAHA 公益法人 日本動物福祉協会』という組織があります。


動物病院を主な会員とする全国組織です。


「親切でハートのある、誰もが安心してかかることのできる動物病院」を

審査して認定したり


安心してお世話になれる獣医師を「認定医」として

動物看護士業について高度な知識と技術を持つ看護士を

「認定看護士」として

指導育成し、審査し、合格者を認定し、紹介しています。


そして、飼い主さんに犬のしつけやトレーニングを教える

「家庭犬インストラクター」の育成と普及で

より多くの幸せな人と犬のぺアを増やしていく活動をしたり


また、動物とのふれあいや相互作用から生まれる様々な効果を

人と動物の福祉と健康と教育に活かす活動として

全国の動物病院とボランディアと力を合わせて

アニマルセラピー(CAPP活動)を行ってます。


そんなJAHA日本動物福祉協会の

平成21年度年次大会が、6/13(土)と6/14(日)の2日間

大阪国際会議場で開催されました。


獣医師向け、動物看護士向けのシンポジウムや症例発表会や講演が

複数の会場で多数行われる中、

市民対象の参加無料のセミナーもたくさん開催されました。


私も、2日間の市民講座に参加しまして、

充実の講義を拝聴させていただいてきました。


――・――・――・――・――・――・――・――・

6/13(土)

・発表「ボランティア講座:アニマルセラピーに関する発表」

・「アニマルセラピー現場再現」

・講演「高齢動物のウエルネス:高齢動物とのつきあいとケア」

・講演「たくさんの動物と楽しくくらすには

   〜複数の犬や猫との同居のコツを教えます」講師/矢崎潤先生


6/14(日)

・「しつけデモ/フリースタイル」

・「社会に安心を与える家庭動物医療」講師/ジャーナリスト・大谷昭宏氏

・「アレルギーをもつ子供たちの動物との上手なつきあい方」


――・――・――・――・――・――・――・――・


こんな興味深い、とっても勉強になる素晴らしいもりだくさんのセミナーが

なんと、無料です!!


けっこう長丁場のイベントではありましたが、

どの講座も、どの発表も、あっというまに時間が過ぎて

私は一生懸命ノートを取りつつ、驚愕したり、感動したり、共感したり。

そして、新しい気づきや発見や、たくさんの学びがありました。


ぜひぜひみなさんにもお教えしたいことがたくさんありました。


いっぺんには無理なので

また少しずつ、ぼちぼちと、お伝えできればいいなと思います。


この素晴らしいJAHA年次大会・市民講座は

きっとまた来年も開催されると思います。

「行きたい!」「聞きたい!」と思われた方、

私と一緒に、来年の年次大会を楽しみに待ちましょう。


ペットと人との幸せな共生について、

たくさんの人と一緒に考えていくことができればいいなと思います。




そんな頭を使う楽しい充実セミナーの後、

今日のお泊りさんのワンコをお迎えに行って

そして今度は体を使って楽しくみんなで過ごしました。


一緒に楽しいお出かけをしたのは、、、




続きへGO!(ここをクリック!)
ニックネーム Horie@Animal Plaza at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 参加したセミナー・イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする